コンビニの袋

7月からコンビニでも袋が有料になって、

今ではどこもエコバックが必要になった。

今のところ、袋を購入したことはまだない。

 

スーパーもドラックストアも商品を詰める台があるから

サッカー台というらしい)そこで詰めるからいいんだけど

コンビニとか、パン屋さんとかはレジの台のところで

持参の袋に入れなきゃいけないから

なんだか、店員さんもこっちも

手持ち無沙汰の時間が発生して…

袋に入れるまでが、気まずい(笑)

 

今思うと、コンビニの店員さんって

袋詰めがうまかったよね。

 

ポリの袋が環境的にダメってことで

有料になったんでしょ?

昔はだいたい、茶色の「クラフト袋」だった。

ポリの袋にかわっていった頃には

便利になったなぁ…って思っていた。

でも、今はあのクラフトの袋がなつかしい。

 

あのクラフト袋にリンゴかオレンジをつめて

(袋から覗いている)

坂道でリンゴを落としてしまって(何個も何個も)

坂の途中にいるイケメンさんが拾ってくれて、

恋がはじまったりしたものだ(テレビの定番)

ポリ袋の穴があいて、オレンジがころげても

間が抜けて、なんだか様にならない(どうしてだ)

 

話はそれたけど、このコンビニのエコバックに

どうにも慣れることができなくて

私は買い物をするのが一気に減った。

1点、2点ならいいけど、それ以上だとやっぱり袋は必要になる。

あの、間のとれない瞬間に慣れる日はくるのかな。

 

 

21歳の頃、あこがれの人がいて。

うんと年上の、違う部署のイケメンおじさんだった。

(でも、名前は憶えていない)

時々、帰りのバスが一緒になるんだけど

夏のある日、イケメンさんが持っていた

イカの網がやぶれてしまって、

乗客のいないバスの通路を

イカが走った。

そして、降車のタラップのところで

無残にも割れてしまった。

 

最初はとっさの事に驚いてスイカを見守ったけど

すぐになんだか可笑しくなって、

イケメンさんには気づかれないように

私と友人は笑った。

 

あれが、風情のあるクラフト袋から

オレンジが転げたのなら、

憧れは恋になっていたのかもしれない。