昔の夏

盛夏。 7月末から8月のお盆までは

暑くて当然だよね。

お盆がすぎたら、涼しくなるから。

そして、9月末には暖房を入れようかどうしようか

迷う日が訪れる。

 

昔も暑かったけど、

どうにも出来ないほどの暑さはなかった。

でも、平成の頃から、どうにも出来ない暑さを感じるようになった。

何度も言っているけど、北海道の標準にクーラーはない。

つまり、逃げ場がない。

近年は節電で、商業施設も涼しくはないし、

最終的には車のクーラーで涼むしかない。

 

今年は、まだこのどうにも出来ない暑さは来ていない。

このまま過ぎてくれたらいいけど

油断はまだしていない。

2台の扇風機の挟み撃ちで

乗り越える準備はすんでいる。

 

昔、夏は楽しかった。

イカを食べて、冷や麦食べて、

川で遊んで、花火をして。

浴衣着て、踊って、また花火して。

 

暑くて暑くて、汗だくで、

それでも母の肩にまとわりつく。

 

そして

暑い!!

と、怒鳴られ、はじかれる(笑)

 

懐かしくて、楽しい。