追悼番組

志村さんが亡くなってから、追悼の番組や

追悼のコーナーが多いようだ。

私はまったく見ていない。

ただ、昨日たまたま昼間にNHKのドラマが目に入って

少しだけ見入っていた。

面白かった。

笑った。

ほっこりした。

 

この瞬間を「亡くなった」という事実を知らずに

見たかったと思った。

 

これまで、30年くらいに見ていないのに

この時になってテレビを見て

泣いたり笑ったりして偲ぶのは

見続けていた人達に悪いかな…って思う。

ファンでもないくせにって。

そう思っているのは私自身かもしれないけど。

おこがましいから、私はこれからも見ないと思う。

 

昔、太地喜和子さんという女優がいた。

40歳以上の人はご存知かと思う。

美人ではない気がするけど、妖艶だった。

大女優でありながら、コントもやっていた。

 

太地さんは1992年に車の事故でなくなった。

まだ40代だった。

あっけなく思って、実感がもてなかったけど

私はきっと、太地さんが好きだったんだなぁって

その後に思った。

 

太地さんはよく志村けんさんの番組でコントをしていた。

すごくチャーミングで、面白かったのを覚えている。

だから好きだったんだと思う。女優というよりも。

(よく志村さんの番組は意外な女優さんのコントを見せてくれた)

 

太地さんが亡くなって、志村さんの番組で追悼のテロップが

流れるかと思って見ていた。

そしたら、冒頭からいきなり太地さんのコントがはじまって、

一時間、ずーっと太地さんのコントをやっていた。

途中、解説も思い出を語ることも涙もゲストもなく、

誰一人番組に出るわけでなく、

ただ一時間、太地さんが笑わせてくれた。

 

これが志村さんの友情であり、愛情なんだと思った。

制作サイドの思惑もあったかもしれないけど

番組の中心のビックが決めたのだと思う。

 

思いの篤さに感動した。

 

もし、番組1本、まるまる昔からの志村さんだけを見せてくれるなら

何も足さず、何も引かずに、誰も出てこないで

ただ笑わせてくれるならば

それを見たいなぁって、思う。