4月に教わったこと。泣くときはトイレで泣け。

新年度になりました。

いろいろと身分が変わった人も多いでしょう。

おめでとうございます。

イレギュラーな春だけど、いつか良い思い出になりますように。

 

もう40年ほど前の事だけど。

私は某企業に就職した。誰もが知っている大企業。

一生安泰に思われるくらいの企業だったけど、

今は外資に吸収されて組織が完全に変わっている。

人生も、企業も先はわからない。

 

その入社式も4月1日だった。

そして翌日からほぼひと月、研修に入った。

さすが大きな企業は教育に時間をかける。

そして、誰もがみんなやさしく教えてくれる。

 

流通の会社なので、多くは接客に関わる事になる。

各部署の課長や係長クラスが研修をしてくれる。

ある日の研修。

衣料の係長がいろいろな講義をされたあと、こう言われた。

 

皆さん。

これからの仕事で、お客様から理不尽な扱いをされる事もあるでしょう。

自分が正しいと思っても、通用しない事もあるでしょう。

悔しい事ばかりだと思います。

でも、皆さん。

決して、売り場では泣かないでください。

お客様の前では泣かないでください。

泣くときはトイレで泣いてください。

 

昔なら当たり前。

今では非人道的指導と思えるこの言葉を

私は今だに頻繁に思い出す。

 

この係長はこの数年後には課長に昇進された。

あの日の講習の通りに、仕事の姿勢はいつも一貫としていた。

私は密かに尊敬をしていた。

この教わった事は、その後の私の土台のひとつになっている。

 

新しく歩きはじめる人へ。

心に残る言葉や風景に出会えますように。