志村さんのコロナ死はさすがにショックだ

私は夜までテレビは全く見ない。

夜も見ないで、何日も見ない日も結構ある。

その間、ネットでニュースは拾っている。

 

志村けんさんがコロナに罹患したのは知っていた。

でも、少ししたら元気に退院されると思っていた。

 

私は「志村どうぶつ園」なるものも「バカ殿」も見ない。

レギュラーの番組をもっていた事も知らない。

これから朝ドラに出る予定だったことも

主演の映画が用意されていたことも知らない。

この訃報で知った事ばかりだ。

 

それでも、ビックネームとして知っている。

ビックすぎて、今はテレビに出ていない人…

そんな勘違いをしていた。

 

ドリフの頃は結構見てはいたけど

でも、私の年代ではもうドリフは卒業していたと思う。

なにせ、笑ったのは荒井注の時代だから。

 

全員集合で、舞台の志村けんさんに客席の子どもが

「シムラ後ろうしろ〜!」と声をかけて

気づかない演技で子どもたちを喜ばせていたけど

きっと、この人は、私生活では子ども嫌いだろうなって思っていた。

仕事と私生活は決して混同しない人だと思っていた。

きっと仕事が終わると真顔になって

周囲を緊張させる雰囲気を持っているのだろう。

 

だから、本物のコメディアンなのだと思っていた。

 

古希のお祝いをしたばかりだと。

見た目もお元気そうで、

これからまだまだやりたい事があっただろうと思う。

まさか、流行りの病で亡くなるなんて思いもしていないだろう。

自分が亡くなったことも気づいていないと思う。

まだ、眠っているのではないか。

 

決して人ごとではない。

大切な人を守るために、

そして、自分も誰かの大切な人である事を自覚して

真剣に取り組みましょう。