縦書きの、なんと難しいことよ。

いつの間にか縦書きをしなくなって、

今ではまったく縦書きをしない。

 

小学校に上がった時は

縦書きで「かきかた」をした。

小学校の国語は、ずっと縦書きだったと思う。

中学も、高校も、多分国語は縦書きだったのだと思う。

(国語の横書きのイメージがない)

そして、手紙もハガキも縦書きをしていたと思う。

 

社会人になってからだろうか。

縦書きが生活から激減した。

手紙も横書きになった。

仕事の書類(手書き時代)も横書きになっていた。

年賀状は表書きだけは手書きと決めているので

それは今でも縦書きだけど

縦の並びがヘビのように曲がったりする。

やっと、少し上手に書けたように思ったころには、

年賀状の枚数は終わりに近づいている。

 

私がいただく年賀状も、コメントの多くは横書きになっている。

世間様も横書きしか書けなくなっているのだろうか。

昔はみんな縦書きだったのに。

 

私は筆記用具が好きで、特にペンにはこだわる。

書きやすい物を見つけるのは、なかなか難しい。

これはいい! って思っても書き味が続くという事もあまりない。

 

数年前に万年筆を買った。しかも4本(笑)

これも、良いと思って買ったのに、使っていると

なにか違う… と生意気な事を思ってしまって、増えた。

本当は、贅沢な1本が欲しくて、

お店の人に相談したところ、私が勧められたのは

自分の予算よりもずっと安い物で

「逆足元」見られたようで、悔しかった。

本当に書ける人は、合う物を求めるのではなくて

自分がペンを寄せる力がある人なのかもしれない。

お店の人は正解だ(笑)

 

万年筆を買った理由のひとつは

美しい「縦書き」をしたいがためだった。

だから、ペン字練習帳も買った。

還暦には、美しい縦書きのおたよりを出せるようになりたかった。

練習は結構したけれど、

お手本から離れると、やはりなかなか上手くは書けない。

 

そして今。

私はやっぱり縦書きが書けない。

 

今日、久しぶりに万年筆のお手入れをした。

そして、かの練習帳をふたたびだして書いてみた。

f:id:kokiakj:20200821125101j:plain

 

前に練習で書いていた物をみると

なかなかちゃんと書けているじゃないか。

もう少し頑張ってみなさいよ。

 

そんな事を思った。