サビない頭と、動ける身体

きっと、着々と内臓に脂肪が蓄えられているのだろうと思うほど

緊張感のない日々を過ごしています。

 

5月末から先日まで、退職前の有給休暇の消化をしていました。

在籍のまま、道内をきままに旅行してみよう。

毎日まいにち図書館に通おう。

たまにファストフード店で読書しながら時間をつぶそう。

 

そんな小さな夢は、結局なにも達成せずに、

はじめは妙な焦りや、何故こうなったのか?との自己との

問いに時間がとられて、ただなんとなく過ぎてしまった。

 

そして、ついに無職の身となった。

 

会社や仕事に未練はなくても、興味はあるので

在籍期間は会社の掲示板を閲覧していたけど

その権利も退職と同時になくなった。

もう完全に「過去のもの」となった。

いいや、私が「過去の人」になったんだ。

そこをしっかりと認識しよう。

 

失業をした日から、年金と保険はすぐに動いた。

区役所に行き、国民年金に切り替え

協会けんぽに行き、健康保険の任意継続の手続きもすませた。

納付書が早速届いたので、住民税の残額もすべて収めた。

あとは、離職票が届いたらハローワークに行くことになる。

 

家にいたら、掃除以外の家事はあまりない。

なので、何も用事がなくても、出かけるようにはしている。

読んでいない本がたくさんあるのと、それなのに増えていくので

読めばいいのに、なんとなく読めない(笑)

そのくせ、眠くなる。時に昼寝をしてしまう。

 

このような生活をした事がない。

40年、まじめに、そして楽しく働いてきた(今思えば)

(40年は通算です。直近の会社は34年です)

そう思えば、これくらいのんびりしても

決してバチはあたらないだろうに、

こののんびりが楽しめない貧乏性。

 

老後は2千万必要だなんて言っているけど(それ以上とも)

2千万で足りるワケがない。賃貸だからなおさら。

だから、今年は職に就くことはないと思うけど

来年には何かしらの答えを出さないといけないって思っている。

 

サビない頭と、動ける身体。

 

せっかく手に入れた、この休める時期に

休みながらも、頭を使ってサビないように

そして、いつどんなめぐり合わせで次の職に出会えても

身体が動きません!

なんて事のないように、動ける身体を用意しておかなければいけない。

 

と、

パピコガリガリ食べながら思う日々です。