やってて良かった。家具の固定。

2月ももうすぐ終わります。

ここ数日で、路面が出てきて、春を少しだけ近く感じています。

 

そんな、まだ冬のこの時期、

先日また大き目の地震が起きました。

前回と違って、起きている時間だったので

揺れはじめから気がつきました。

「あ、大きいな」

「あ、短かかったな」

そんな感じの地震でした。

さすがNHKは早いですね。

すぐに地震の内容に切り替わっていました。

震源地や各地の震度などを見ながら

前回よりは小さかったな…って印象を持ちました(我が家としての)

翌日会社に行っても、前回は多少の落下や移動もあったけど

今回は何も変化がなく、安心しました。

 

地震を前回より小さく思ったのは「音」でした。

食器の音(ガチャガチャ音)がまったくしなかったからです。

やっぱりビックリしたくらいだから

震度5弱はそれなりです。

 

9月の地震のすぐあとから、いろいろ対策をしていました。

食料や防災リュックとか、医療品とか。

まず、一番先にやったのは「家具の固定」

固定と言っても、背の高いものは食器棚と冷蔵庫だけなので

テレビと合わせてこの3点を固定しました。

固定した時にものすごく安心したんです。

でも、安心して、固定したことをすっかり忘れていました(笑)

だから、大きな地震なのに食器の音がまったくしなくて

慌てずに済んだのだと思います。

 

今回も震源地は停電をしたようです。

札幌市は停電をしませんでした。

ライフラインはまさしく「命綱」です。

 

北海道でも地震の多い地域ってあります。

そこは普段から防災の意識は高いだろうと思いますが、

普段地震のすくない地域(例えば札幌市)では、

9月の地震のほとぼりが冷めてしまったら

何も対策をしていない家庭もけっこういると思います。

 

でも、自分の命。家族の命。

自分たちで守りましょう。

 

f:id:kokiakj:20190224185914j:plain

 

良い働きをしてくれました。