冬の始めは意地をはる

今日で10月も終わり。

平成はちょうどあと半年となりました。

 

毎年10月のうちに初雪が降るけど、今年はまだです。

峠や山は降っているかもしれませんが、

私の住む平地ではまだ降っていません。

 

でも。

今日、ついさっき、ついに暖房をオンしました。

家の中の寒さに弱いのは道民の弱点です。

 

誰に対しての意地なのか、最初に暖房を点けるときは

寒さに屈したと悔しい思いがあります。

負けたくないんです。周囲の暖房点火率と自分自身に。

なので一度点火するまでは意地をはります。

点火してしまったら、もう知らんぷりです。

次の朝からは当たり前につけています。

そして、暖房にぬくぬくしながらビール飲んだりアイス食べたりします(笑)

 

今年も意地をはりました。

そして屈服をしました。

こんな事をもう何十年も続けています。

抵抗なく最初の暖房をつけるようになったら

それはそれで寂しいと思うから

まだまだ意地をはります。

 

長い冬のはじまりです。