ウクレレ落第生

邦画の中で、私の一番は「フラガール」です。

今調べたら2006年上映でした。

もう12年もたつんだ…

物語は少し古いけど、作品の中の音楽や物語の土台が炭鉱町であったり、

私の心にドンピシャだったのです。

映画の上映からDVDになるのが待ち遠しくて、フラガールに心を奪われてました。

 

で、奪われついでに、私はウクレレにも心を掴まれたのでした。

映画の音楽担当がウクレレ奏者の「ジェイクシマブクロ氏」で

ウクレレひとつで、こんなに魅了する音楽が生まれるんだ!って

感動、感激、感涙…。

 

それでウクレレを買って、明けても暮れても練習をして

今では私も華麗にウクレレを弾いている。

 

ならばハッピーエンドですが、私は早々にウクレレを諦めました。

 

ウクレレ本体も買って、教則本も買って、交換用の弦も購入して

あれこれ揃えていざ練習に入りました。

あれ…。これは難しいぞ。

練習曲のサザエさんが、サザエさんに聞こえない…。

今日はもうやめておこう。

 

そんな数日の繰り返しで、実にあっさりウクレレの夢が散ったのでした。

 

ギターと違って、4弦のウクレレのコードは難しくはないです。

コードから入れば良かったのに、私はメロディを弾こうとして

案の定弾けなくて身を引いたのです。

6弦のギターよりは簡単に思うだろうけど

私にとってはギターより難しかったです。

 

で、ケースに入ったまま私のウクレレは冬眠していました。

 

そのウクレレさんに再び仕事が与えられたのは、

急に思い立って、現在5歳の孫に譲ったことから始まります。

彼は、時々ポロンポロンと弾いてくれているそうです。

 

昨日、娘宅に行った際に、私はギターを持参しました。

彼の知っている童謡を弾いて一緒に歌おうと思ったからです。

私と彼は、実は子供同士なので(向こうは本物の子どもで、こっちは

大人になっていない子供)結構ケンカになります。

私も本気で怒っているし、彼は大人が本気で怒るって事が理解できないから

火に油を注ぐがごとくの生意気をかまして、さらに私を怒らせる。

娘が「この二人を二人きりにしないでください」と周囲に言うほど

私たちは険悪なのです(笑)

最近一日おきに訪問するもんだから、「またきたの?」って言われています。

 

そこで、少しは大人の私が、ここで歩み寄って彼と歌でも歌おうとおもって

ギターを持参した次第です。

ギター登場前までは、どんな歌が好きかときいても、何を知っているかを聞いても

「わからない」「忘れた」「知らない」と言っていたのに

いざギターを出すと、急に興味を示して、えぇ?なにこれ?

って言いながら、彼は自分のウクレレを出してきました。

「〇〇〇のピアノもだすわ」

…… 彼は、ウクレレがピアノだと思っているようです(笑)

 

当然知っていると思っていた歌は結構な割合で知らないようでした。

でも、ギターが音楽を鳴らしているという事自体には

すごく興味があるようで、時々チラッと触ったりして

ずっと横にいて、なにやら喋っていました。

彼がギターとウクレレは違うものだと知るのは

きっとずっと先だと思いますが(しらないままかも)

意外なほど仲良く一緒に遊べたので

私が思っていたよりもずっと音楽効果がありました。

 

仮面ライダーを覚えてほしい…とリクエストをいただきました。

今はまったく知らないので、お正月には弾けるように

ばあちゃんも練習をしなくてはいけません。