犬同士のすこし不思議な話

犬の友だちの話です。

 

K君は現在16歳。高齢犬で、病気もたくさんしていて、満身創痍です。
先日は危篤状態になったらしく、今回はダメかもしれないって
親御さん(飼い主さん)も病院の先生も思ったそうですが、生還しました。
散歩の時間にたまたま遭遇したら、お母さんと立ち話をします。

その時はいつも、私のマンションの玄関先まで送ってくれて
まだ帰るな!と吠えてくれるんだけど、先日はもう送ってくれませんでした。
顔が本当に病気をした顔になっていて、私も、もしかしたらK君に会えるのも
これが最後かもしれないって思いました。
そう思いながらも、またね!また会おうね!って言って、別れてきました。

 

ウチには9年前までゴールデンレトリバーがいました。♀です。
癌になって、9歳で死んでしまいました。
検査で癌と確定してから、畳みかけるような速さで進行して
でも、十分に介護もさせてくれました。

 

そのウチの子の友だちがK君だったのです。
ウチの犬は、気位が高くて、人間には懐いても、ほとんどの犬の事は無視状態でした。
本当に完無視(苦笑) 飼い主さんに申し訳ないほどの完無視。
時々は嫌いな人間もいるようで、その時も完無視(笑)

そんな犬の唯一の友だちがK君だったのです。
K君のお母さんにも懐いていました。
散歩中に私が先にK君を見つけて
「あ、K君だ!」と言うと、吹っ飛んでいきました。

犬を介しての知人なので、飼い主同士は名前もしりません。
〇〇ちゃんのお母さん。です。
K君のお宅が、すぐ近くのマンションだったのも、つい最近知ったことです。

 

だから、ウチの犬が死んだ事を知らせる術がありませんでした。
唯一の友だちだったから、死んだ事を伝えて、仲良くしてくれたお礼が言いたくて
死んで数日後からK君にバッタリ会えるように近所を歩きました。
3日目くらいかな。やっとK君親子に会えました。
そして、ウチの犬が死んだこと(ガンであることは知っていた)
K君が唯一の友だちだったこと。
仲良くしてくれて嬉しかった事。
お礼を言いました。

犬がいなくなった事で、散歩をする習慣がなくなったので
K君と会う事もどんどんと減っていきました。

 

でも、ある日。これはお礼を言ってから、そう時間はたっていなかったけど。
K君のお母さんからこんな話を聞きました。

 

私の犬は「さくら」という名前です。
さくらが死んだ頃、K君のお母さんの携帯電話から、何度か突然音楽が流れたそうです。その歌が、いきものがかりの「さくら」だったそうです。
たしかに携帯電話に曲は取り込んではいたけど
鳴る設定にはしていないのに、何度もその曲がランダムな時間に鳴ったそうです。
そして、その曲のなった時期が、私がK君親子を探して歩いていた時期なんです。

 

ご主人と、なんで鳴っているんだろうねぇって話をしていたそうです。
そして、私がK君親子を見つけてお礼を言ったあとには
もうさくらは鳴らなくなったんだそうです。

 

不思議なんだけど、本当なんだよ。
きっと、さくらちゃんのお母さんがKを探して歩いているから
見つけてあげてって教えてくれたんだと思う。

 

そんな事を言っていました。
言っていたというより、今でも言っています。
本当に不思議だって。

 

そして、もうひとつ。

 

K君は何度も大病をして、何度も危険な状態になるけど
私に会うと、どういうワケか調子が良くなっていくそうな(笑)
数値にも表れるそうな(笑)
これはきっと、さくらちゃんがKを守ってくれているからだと思う、って言います。

 

本当にそう思っているようです。

 

近所でもその曲の話とかをするらしいけど、誰も信じないけど
本当なんだよ~! って今も言います。

 

不思議すぎて、にわかには信じられないし、ウチの犬はそんなチカラないから(笑)
って、いつも笑って答えます。
でも、ほんの少しでも、さくらがK君のチカラになっている事があるとすれば
それはとても嬉しいこと。
そして、いつか必ずお別れはくるから、その時には虹の橋まで
お供するのも、ウチの犬かな…って思います。

 

f:id:kokiakj:20190106123324j:plain