不思議に思うこと

あの地震の前から不思議に思っている事があります。

今また思い出して、不思議だなぁ…って改めて思うので書いておきます。

 

9月5日の夜。地震の直前。
ものすごい雷がずっと鳴っていました。
雷鳴だよね。
でも、雨はまったく降っていなくて。
雷はずっと鳴っている。
それも遠くの雷じゃない。
でも落ちるほどの近さでもない。

 

ついにあの夜、雨はまったく降らないで、雷だけが鳴っていた。

何度もベランダにでて外を見た。

道路もカラカラ。 湿り気もない。

 

私も結構長く生きてきたけど、あんなカラカラな状態で
あれほどの長い雷鳴ははじめてで、あの時点で、不思議な事もあるもんだ
って思っていた。

今、書いておかないと、多分すぐに忘れると思うので書きました。

 

あの日、雨はどこで降っていたのでしょうか。