番組はとうに卒業したけれど。まるちゃんに想う。

ちびまる子ちゃんの作者、さくらももこさんが亡くなっていた。
53歳という事。 
やはり、まだまだ癌という病気は死に近いものですね。

 

まるちゃんが放送された当時は見ていました。
アニメの中の昭和が、私の世代にとても近いので
懐かしく、楽しく、面白く。
時々出てくる当時の「スター」に、思いはすっぽりと重なりました。

 

「昔の子供たち」も懐かしく見ていたけど、当時の「リアル子供」も
まるちゃんになりきって見ていました。
まるちゃんとしんちゃん(クレヨンしんちゃん)は身近な子供のアイドルだったから。

テレビ番組は長寿になればなるほど、卒業する人も増えます。
そして新しいファンを迎える。
私もずいぶんと多くの番組にはまり込み、そしていつの間にか卒業をしました。
ちびまる子ちゃんも、サザエさんも。今はまったく見ていません。

 

でも。

まるちゃんも、サザエさんも、日本人の血のなかに存在している。
存在していてほしい。なくなるって考えられない。

さくらさんの残したものは大きいなぁ。
平成が終わって、昭和はさらに遠くなります。
昭和をありがとうございます。

ゆっくりと休んでから、またお仕事再開してください。