そして始まりの、秋

今朝は久しぶりの青空です。
大きく広い、白い雲はボコボコありますが。
それにしても…
どうなの? この空気の冷たさ(笑)
一雨ごとに秋 (または春)
って言うけど、
雨上がりにいきなりの、秋。

秋は好きですけど。

秋に生まれていますから、なんか、懐かしい?
この感覚って不思議なんだけど、自分の生まれた季節が
毎年なんとなく懐かしく感じます。

 

秋も好きだけど、秋はこのあとの長い冬を覚悟させられるので
そういう意味では、やはり春が一番好きです。
北海道の5月って、そりゃ素晴らしい。
暗い洞窟の奥から、陽の光を見つけて表に出るような気分。
何もなかったのに、そこに花とか植物をひとつふたつ見つける喜び。
ふきのとうが一番先だけど。

この春の感動は、また来年の春に書きます。

 

これだけ冷えると、紅葉は早いかな。
わざわざ見に行かなくても、近所で突然に目に入る
紅葉に目を奪われる事があります。それで十分。

 

アリのように冬の準備をしながら、キリギリスのように
時間を楽しむような秋がすごせるといい。