ミサイルが飛んできた話

昨日の異常な臭いは、深夜には消え去りました。
何軒の部屋が同じ思いをしたことでしょう。

 

さて。今日は初の米朝首脳会談がありましたね。
成功したのかどうかは、これからわかる事でしょう。


出来れば平和に暮らしたい。
どちらかが約束を反故にして、また不穏な空気が流れ
戦争勃発なんてことは、ぜひ避けていただきたい。

 

去年、二度北朝鮮からのミサイルに怯えました。
一度目。平成29年8月29日早朝(6時前)
6時前、ちょうど目覚めて、さて起きようかと思ったところに
けたたましいJアラートが鳴りました。
プライベートと会社貸与の携帯の両方から
ウィンウィンウィンのような、頭が振り回されるような
大きくて、グルグルしたような音でした。
地震がくる? とっさにそう思ったけれど
アナウンスは、北朝鮮からのミサイルだと言っていました。

安全な場所に避難しろと言っているけれど
え? 安全な場所?

ウチには、チワワとインコがいるので、
まずはチワワをトイレに閉じ込めて
それからインコを持ち運び用のケースに入れて
私はパッと服を来て、靴を持って、カバンを持って
一緒にトイレに入りました。

 

核ではなく、ミサイルだと言うので
とりあえず、窓から離れ、一番安全なのはトイレだと思いました。
そこで興奮して騒いでいるチワワとインコと一緒に
通過したというアナウンスが聞こえるまで
10分くらいかな。 避難していました。


その時の頭の中は。
「やられた」です。
殺されたと思いましたね。 殺されるではなくて「殺された」
どうしてかはわからないけど。

 

そうして、ミサイル通過を聞いてから、怖かった興奮は続いていたけど
それからは動物たちにご飯をあげたりの、普通の生活に戻り
会社にも行きました。
会社での連絡網。出欠の報告。
その時に、ミサイルで驚いたけれど、札幌は何もなく
全員出勤していると報告したけれど
本社(大阪)含め、本州各店からは、何一つ連絡がありませんでした。

 

そうです。 他人事なんです。
恐怖は、自分に降りかからないと、他人事なんですよ。
ミサイルが落ちたら、同情するんだろうけど
そうでもなければ、あの恐怖のJアラートに怯えることも
血相かえて避難をすることも、他人の事なんです。
私も立場を変えたら、やっぱり身近でない限りは他人事になってしまう。

そういう事を痛感した出来事でした。

ミサイルはその後も1度ありました(9月15日)
その時もトイレに避難をしたけれど、
前回からの経験と学習があったから、もう少し落ち着いて
行動ができました。

やっぱり平和でいてほしいですよ。
そして、普段、私たちが他人事に思っている
外国の紛争などにも、もっと関心をもって
そこにも平和が訪れる事を祈る心を持たないといけないなぁって
思う出来事でした。

 

この会談が真の成功でありますことを。