スプレーもしくはたまごっち

化粧水を入れているスプレーの噴射口に不具合があって

100円だし…って事で買うことにした。

噴射の仕方にも何通りもあって(多分結果として)

気に入るモノが手に入る保証はない。

霧状のはずが直状だったりするから(表示は霧)

一種の賭けなんだけど。

でも、100円だからって事で今までも数個買っては

諦めて…を繰り返してきた。

 

それが売っていない。

あれ?って探したけど、売り場にない。

それらしい場所にそれらしい空棚があって、

どうやら消毒用に売り切れしているようだ。

ここ数日、買い物の度にその近くの

100均で見ているけど、同じ状況で手に入っていない。

まぁ、今のが壊れているワケではないから

とりあえずは、そのうちまで待とうかなぁ…って思っている。

 

でも、100均になくても、他にあるかもしれないから

次の買い物の時に見てくるつもり。(もちろん、買いです)

 

マスクはとうに諦めていて、

それならば自作にしようと思い

手芸店に行ったけれど、

生地はあっても、今度は適当なゴムがない。

なんだか、無いないづくしで戦意消失です。

工夫しないと…。

 

無い物を探している時、私はなぜか「たまごっち」を思い出す。

たまごっちの騒動があったのは、今から25年くらい前の事だったと思う。

私自身はまったく興味がなくても、当時娘はまだ小学生。

お友達もたまごっちを持っていなくて

たまごっちは憧れのアイテムになっていた。

私は子どもの為に、街まで出て行列に並ぶほど

子煩悩でも親バカでもないから

いつも欲しがっている自分の娘と世間を

斜に構えて傍観していた。

 

ところが。

同僚(社長の息子で時期社長)が経路は不明だけど

たまごっちを入手したという。

同僚のお子さんは、うちより二つ年下の女の子。

大喜びで熱中しているらしい。

生活に支障が出るようで、困っているとこぼしていた。

 

へぇ、良かったじゃん。

 

まだ「たまごっち」の狂乱が続いていた時、

その同僚がまたひとつたまごっちを入手したそうだ。

これも、経緯は知らない。

(聞いたのかもしれないけど、興味なくて記憶にない)

 

へぇ、すごいね。

 

あまりの「たまごっち」の世間の熱が高くて、

ローカルテレビでニュースをやっていて

その同僚の奥様が電話で取材に応じていた(放送された)

 

たまたま2個、手に入ったけど、

やっかみがあるから、誰にも言えないんです。

そんな事で、いじめられたくないし。

子どもに、お友達には言わないようにって言ってます。

 

へぇ、そうなんだ。

 

そして、まだ狂乱が続いていた日。

同僚は3個目のたまごっちを入手したそうだ。

これも経緯はわからない。

ヤバい組織や巨大な流通経路に関係もしていないはず。

 

え…。

 

結局、3個全部を飼育していたかは不明だけど

誰かにあげた話も聞いていない。

それに、私たちは仲が良くて、

年下だけど信頼していて、尊敬もしていた。

3個目、あまっていたら、私の子どもに回してくれるかな…って

内心は思っていた。

結局、私も欲しいとは言わないし、

いる?って聞かれないしで。

その話は終わり、たまごっち騒動もいつか終わった。

苦い思い出なのか、可笑しい思い出なのか。

 

黙々と「ない物」探しをしながら、

あの頃のたまごっちを思い出す。

 

大好きな声

ブルゾンちえみさんが引退されるそうです。

(もう引退したのかもしれない)

 

私は何故か、どうしてか、ブルゾン嬢の声が好きで、

多分今の75億?の人口の中で一番好きです。

JRなんかに乗っていて、アナウンスをしている

あのなんとも優し気な男性の声も

"ステキな声だなぁ。落ち着くなぁ”って思うくらいで

その他は声にときめく事はほとんど無いです。

 

テレビは滅多に見ないので、

時々、youtubeで見たりして、

いいなぁ…って、声の色を楽しませてもらっていた。

 

これからも、あの声はいつでも聴ける。

だから、寂しさはないけれど、

ブルゾン嬢が40になり50になり

どんな声の色を奏でるているのかは関心がある。

 

お元気で、頑張ってください。

 

いつからこんなに取説が読めないんだ

取説が読めない事を、もう10年前からわかっていた。

老眼とかではなくて(近視の老眼なので、あまり不自由はない)

取説の文字を目が拾わないんだ。

文字が一つひとつ独立していて、言葉になっていなくて

その上っ面を舐めるように流すから

文字は目に入っても、文章にならない。

 

細かい、小難しい取説ではなくて

組み立て家具についてくる

子どもでもわかるような説明書も全くダメ。

言葉になっていないから。

 

でも、理解しない事にはどうしようもないから、

頑張る事もある。

頑張る時は、胃のあたりに力をこめて

「さ、しっかり読め。理解しろ。きっと出来る」

と自分を励まして、読むぞ読むぞ、理解するぞ、と鼓舞する。

そうして、やっと言葉になっていく。

 

いったい、いくつなんだ。これから30年位生きるらしいのに。

 

今、私に試練を与えているのは

数年ぶりに買ったデジカメ。

しかも、少し分不相応な物を手にいれたので

しっかり使いこなそうと頑張り始めたけど

大きな壁に青ざめている昨日今日です。

 

ハローワークはすでに混雑が始まっている。

昨日、4週ごとの認定日でハローワーク本体に行ってきた。

最近の相談は区役所の出張所ばかり出向いているので

本体?は久しぶり。雪もすっかり消えていた。

 

私の指定されている認定の時間は9時から10時なので

私はいつも9時前には椅子に座っている。

だいたいいても3人くらい。

それから9時すぎてからボチボチと人が入ってくる感じだった。

これまでは。

 

昨日の朝は違っていた。

認定場所の2階に行くと、何やらコーナーが設けてあって

そこに20人くらいの人が座っていて、

正面のホワイトボードには

「コロナウィルス関連での…」云々とあった。

立ち止まって確認するのは悪いので

一瞬だけ見たが、コロナでの失業の手続きの案内なのだと思う。

 

で、そこに座っていなくて、それ以外の

手続きのコーナー(実際に手続きをする窓口)にも

人がびっしりと座っていた。

私がいつも座る認定日の書類提出のコーナーも

既に8割がた埋まっていた。

 

そうか。もう始まっているんだ。

 

実際に失業した人や、雲行きがどうも怪しくて

失業の前に転職を考えている人もいると思うけど。

(それ以外の、自己退職の人も当然いるだろうけど)

なにせ、昔のハローワークと違って

人は溢れていなかったので、短期間の変わりように驚いた。

 

私もハローワーク行き始めの時は不安で不安で…。

今は慣れてしまったけど(慣れてどうするよ)

私の感じていた不安と、コロナで失業した人の不安はそもそも

まったく違うので、胸中いかばかりかと思う。

 

私はこれまで数度、希望しない失業をする危機があった。

幸いにも失業には至らなかったけれど、

でも、その時に思ったことは

「次に私を拾ってくれる神さまはきっといる」

そう、捨てる神あれば拾う神ありです。

捨てられっぱなしの人っていないしょ。

みんな、収まるところがちゃんとある。

 

そして、使えるものは使ってください。

わからなければ、どんどん聞いて

自分を楽にしてあげてください。

その為に、これまで頑張ってきたんだから。

こんな病原菌にこんな思いさせられるのは不本意だけど

今は生活を守って、そして感染しない事を最優先しましょう。

 

お互いにエールを送ろう。

 

 

追悼番組

志村さんが亡くなってから、追悼の番組や

追悼のコーナーが多いようだ。

私はまったく見ていない。

ただ、昨日たまたま昼間にNHKのドラマが目に入って

少しだけ見入っていた。

面白かった。

笑った。

ほっこりした。

 

この瞬間を「亡くなった」という事実を知らずに

見たかったと思った。

 

これまで、30年くらいに見ていないのに

この時になってテレビを見て

泣いたり笑ったりして偲ぶのは

見続けていた人達に悪いかな…って思う。

ファンでもないくせにって。

そう思っているのは私自身かもしれないけど。

おこがましいから、私はこれからも見ないと思う。

 

昔、太地喜和子さんという女優がいた。

40歳以上の人はご存知かと思う。

美人ではない気がするけど、妖艶だった。

大女優でありながら、コントもやっていた。

 

太地さんは1992年に車の事故でなくなった。

まだ40代だった。

あっけなく思って、実感がもてなかったけど

私はきっと、太地さんが好きだったんだなぁって

その後に思った。

 

太地さんはよく志村けんさんの番組でコントをしていた。

すごくチャーミングで、面白かったのを覚えている。

だから好きだったんだと思う。女優というよりも。

(よく志村さんの番組は意外な女優さんのコントを見せてくれた)

 

太地さんが亡くなって、志村さんの番組で追悼のテロップが

流れるかと思って見ていた。

そしたら、冒頭からいきなり太地さんのコントがはじまって、

一時間、ずーっと太地さんのコントをやっていた。

途中、解説も思い出を語ることも涙もゲストもなく、

誰一人番組に出るわけでなく、

ただ一時間、太地さんが笑わせてくれた。

 

これが志村さんの友情であり、愛情なんだと思った。

制作サイドの思惑もあったかもしれないけど

番組の中心のビックが決めたのだと思う。

 

思いの篤さに感動した。

 

もし、番組1本、まるまる昔からの志村さんだけを見せてくれるなら

何も足さず、何も引かずに、誰も出てこないで

ただ笑わせてくれるならば

それを見たいなぁって、思う。